住友不動産で家を建てます!

2017年12月完成を目指して、J・URBANで二世帯住宅を新築します

ウィザースホーム

ウィザースホームは、ツーバイフォー(ツーバイシックス)工法を採用しているハウスメーカーで、外壁にタイルを採用したい人にとっては候補に入る一社ではないでしょうか。

我が家は、悩んで悩んで、君津のハウジングパークへも二回行き、それこそ細かいところまで住友不動産と比較しました。価格的には、設備や外壁などの条件を並べると住友不動産より少し安いです。

ウィザースホームの良い点は、やはり外壁タイルだと思います。種類によっては、色も7色くらいラインナップがあります。もし私がウィザースで建てるなら、ハーモニーフェイスタイルかスクエアタイプを白系で組み合わせたかなぁ。

www.with-e-home.com

 

それ以外にも収納コンサルティングの評判が良さそうです。せっかくの注文住宅ですから、始めからどこに何を入れるか想定して収納を計画したいですよね。我が家もぜひお願いしたかったです。

君津のハウジングパークは、詳しく構造を見学できますし、外壁・床材・照明・設備なども一気に見れます。またモデルハウスが数件隣接されていて、体験宿泊なんかもできるそうです。

遠方からだと大変ですが、見るものがたくさんあるので、午前中早めの時間からスタートするのがオススメです。

 

 

ライフプラン

私たち夫婦は、かなり緻密に資金計画、ライフプランをしていたつもりだったのですが、いかんせん素人なためやはり専門のファイナンシャルプランナーに見てもらった方が良いのかもと思い、不動産会社の方に紹介していただきました。

結果からいうと、私たちの計画は甘かったようです。その頃ぱんけーき(2)は、長く働くつもりはなかったし、かなりコンサバに作ってもらったのもあるけど、ぱんけーき(1)はかなり意気消沈。土地の価格交渉をした上で、ハウスメーカーはいわゆる大手ではなく中堅(というカテゴリーに当てはまるのかわからないけど)ハウスメーカーにも話を聞いてもらおうということになりました。

それが古河林業と新昭和でした。どちらも最後まで候補に残った二社です。

三井ホーム

住宅展示場に初めて訪れてから約半年、やっと良い物件を見つけました。

希望から少し外れた沿線でしたが、ぱんけーき(2)の実家からは比較的アクセスしやすく、急行停車駅ではありませんが、にぎやかな商店街を抜けた低層住宅が並ぶ地域で、駅から7分という立地が気に入りました。

勤務地までは少し遠いけど、日々の買い物もしやすく、とにかく商店街の雰囲気が気に入りました。

土地の広さは40坪弱、建ぺい容積は60/150でした。その頃は、60/150だと単純に3階建が建てられると思っていました。建ぺい容積以外にも北側斜線とか、高度地区とか、そんな条件があることすら知りませんでした。

この土地を扱う不動産会社の紹介で出会ったのが三井ホームでした。同時に紹介された住友林業ヘーベルハウスとも話をしてなかなか良い印象でしたが、とにかく予算オーバー。三井ホームの価格帯は一般的に高いと思いますが、不動産会社の方が前からお知り合いだったこともあるのか、他の2社よりは少しだけトータルで安かった覚えがあります。

と言っても、また別の記事で話しますが、その頃の資金計画はかなり甘かったので、今思えばかなりの予算オーバーでした。

三井ホームで気に入ったのは、よく考えられたプランはもちろんのこと、モデルハウスもとても素敵。パンフレットをもらったsonomaというシリーズがぱんけーき(2)的にはイメージに合っていました。いわゆる「三井ホームらしい!」と言った感じの洋館風ではなく、カフェ風というか、ナチュラルな雰囲気です。

また地震に強いことも気に入りました。そして営業さんがとても良い方で、この方とも長いお付き合いになりました。

 

住宅展示場巡り、住友不動産との出会い(2)

住友不動産とは約2年前に出会ったわけですが、その時の印象はあまり覚えていません(ごめんなさい)

その頃は、「軸組工法?ツーバイーフォー?何それ」と言った感じでした。住友不動産がツーバイーフォー工法(軸組もやっているらしいけど)だということすら覚えていませんでした。

その時初めて、今お世話になっている営業さんに出会ったわけですが、その時は長い付き合いになることは思いもしませんでした。その時は、「2年後くらいを目処に家づくりを始める」といったことを言っていたらしいです。(それすら覚えていない・・・)

 

住宅展示場巡り、住友不動産との出会い(1)

家づくりを始めた当初は、自分たちの希望も固まっておらず、何から始めていいのかわかりませんでした。

なので、まずは住宅展示場に行ってみようということで、自転車で近所の住宅展示場に行ってみました。約2年前のことです。

とりあえず目に入ったところに入ってみましたが、そのHMはいわゆる輸入住宅で、外観はまさに荘厳な「洋館」でした。ちょっと希望と違うかなー、と思いながらとりあえず一通り説明を聞きました。

そのHMの隣に建っていたのが住友不動産でした。

 

 

間取りの条件

これは土地の条件にも関わる話なのですが、完全分離二世帯住宅を建てるにあたって、ハウスメーカーに最初に伝えた条件があります。

両親は4SLDKのおうちに2人で住んでいます。いらない物も多く、もっとコンパクトに暮らしたい!ということで、1LDKの間取りをお願いしました。

条件としては、

・階段なしの生活をしたい

・庭はいらないけど、洗濯を干せるくらいのウッドデッキが欲しい

・LDKは最低15帖欲しい

・対面キッチン

 

子世帯の希望としては、将来家族が増えた時のことを考えて2LDKでお願いしました。

他の条件は、

・子世帯部分で90㎡くらい欲しい

・ウォークインクローゼットが欲しい

・シューズクローゼットが欲しい

・広めのバルコニーが欲しい

・可能であれば小さな書斎

 

予算も限られているため、コンパクトな土地に3階建の家を建てる計画です。

果たして限られた予算の中で叶えられるのでしょうか・・・?

土地探しの旅

ぱんけーき家には、二世帯住宅を計画するにあたっていくつか条件がありました。

私たち夫婦は都内の賃貸マンションに住んでいます。ぱんけーき(1)の両親の住んでいるところは、私たち夫婦の職場がある都内に通勤するには少し遠いため、両親の土地ではない別の土地を探すことが大前提でした。

というわけで、かれこれ2年前、長い長い土地探しの旅が始まったのでした。

始めのうちは、今住んでいる賃貸マンションがあまりに心地よく、なかなか本腰を入れられませんでした。だって、通勤しやすいし、急行停車駅から徒歩2分、南西角部屋、ルーフバルコニー。。。少し狭いけど、居心地が良すぎたのでした。

しかし、そのうち両親からのプレッシャーが強くなってきたため、あらゆるポータルサイトに条件設定をして新着を毎日チェック、気になった物件には問い合わせ、不動産会社とのやり取り、といった作業をひたすら続けたのでした。

問い合わせをして気になった物件は、不動産会社に住所を教えてもらうか、教えてもらえない場合にはだいたいの場所の見当をつけて、ひたすらストリートビューで探すといった作業をコツコツと続けました。

まずは夫婦で下見をし、良いと思った物件はエクセルにスペックをまとめたものを用意し、まとめて週末に両親を連れて見に行くといった流れで、気づいたらGoogle Map上の星マークがすごいことに・・・

今までに申し込みを入れた物件は4件くらいでしょうか。いずれも建物プランを作ってもらって、土地建物合算でいくらくらいになるか、土地の価格交渉をして・・・とやっているうちに取られてしまうパターンでした。

正直今でも、あの土地に建てていたら、と考えることはあります。

でも今回決めた土地は、今住んでいる駅から15分くらい下るけど、今より更に(!)駅近、徒歩3分くらいのところに安いスーパーがある、というのが大きなポイントでした。

この土地の情報を見つけた時、ビビビ!っときたのですが、ネットに載ったその日に連絡したにもかかわらず、既に1番手の方がいるとのこと。私たちは2番手で、動きがあれば連絡をもらえることになっていました。

そこから色々とあったのですが、そこはまた別の記事に書くとして、縁あって先月無事私たちの土地になったのでした。